日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
コラーゲン研究室

新田ゼラチンのペプチド機能性研究

evidence.2 骨

骨の代謝を促進し、骨密度の維持・向上や骨質の改善に役立ちます。

人間の骨は加齢とともに、骨の代謝が行われにくくなります。その結果、骨密度の低下や骨質が悪化し、骨の強度が損なわれていきます。「機能性ペプチド」は”古くなった骨を壊し、新しい骨を作る”2つの細胞にシグナル(命令)を与え、骨の代謝を促すよう細胞に働きかけ、代謝をスムーズにすることで、骨の状態を良くします。

実験1

マウス骨祖しょう症モデルによる予防効果

3週間にわたり通常の餌を与えたA群と、高リン食を与えたB群、および高リン食+コラーゲンペプチドを与えたC群で、骨密度を比較した。高リン食は骨密度を低下させることがわかっている。グラフから、コラーゲンペプチドを与えたC群は、一緒に高リン食を与えていても、骨密度の低下が抑えられ、高リン食のみでコラーゲンペプチドを与えなかったB群よりも骨密度が高かったことがわかる。この結果から、コラーゲンペプチドによって骨の代謝が促されたのではないかと推察される。

『第3回 日本アミノ酸学会 2009年 学術集会講演要旨集 P67 杉原富人(新田ゼラチン(株))ほか』日本アミノ酸学会より改変して転載

実験結果

マウスの実験により、3週間にわたって、通常の餌を与えた群と高リン食(骨密度を低下させる餌)を与えた群、および、高リン食+機能性ペプチドを与えた群で骨密度を比較した結果、機能性ペプチドを摂取したC群では骨密度の低下を抑えることができました。

最近の実験では、骨強度の低下が抑えられたという結果もあり、骨密度だけでなく、骨質の改善にも強く関係していると考えられます。

※「コラーゲン完全バイブル」(真野博著、幻冬舎メディアコンサルティング)の内容を改変して転載しています。

まとめ

吸収された機能性ペプチドPro-Hyo(P-O)とHyp-Gly(O-G)は、骨組織内でシグナルとして骨芽細胞、および、破骨細胞に作用し、骨リモデリングを亢進します。

写真

城西大学薬学部 医療栄養学科 真野 博 教授

ヒトはもともと体内で破骨細胞が骨を溶かす際に、機能性ペプチドP-O、O-Gを作り出しているようです。P-Oが骨芽細胞と破骨細胞の作用を促進し、O-Gが破骨細胞の作用を抑制する。このバランスで骨の代謝(リモデリング)が円滑に行われています。P-O、O-Gを骨のリモデリングファクターと考えているのはこのためです。

ですが、加齢とともに骨の中のコラーゲンが劣化し、分解されにくくなってきます。分解が減ることで、P-O、O-Gの体内出現も減り、代謝が衰えてきます。それを補うために、機能性ペプチドを体内に多く吸収することができるコラーゲンペプチド由来の機能性食品を摂取することで、代謝を整えることができるのではないでしょうか。

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s