日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
コラーゲン研究室

『ペットと一緒に』コラーゲン摂取モニター結果

ペットも一緒にコラーゲン習慣はじめませんか?無味・無臭、糖分・脂肪分ゼロの純粋なコラーゲン由来機能性ペプチド100%の「コラゲネイド」の1ヵ月モニターを実施!ペットと一緒にお試しいただきました。

[モニター結果]ペットにも良い変化が!「毛艶が良くなった」「肉球が柔らかくなった」「乾燥が改善された」などモニターの皆様からのリアルな声を公開します!

ペットと一緒に
「コラゲネイド」1ヵ月モニター結果

「ペットと一緒に」71名のモニターで実施(犬と一緒に55名、猫と一緒に15名、犬と猫と一緒に1名)
毎日、お好きなお飲み物やお料理に入れていただき、
愛犬、愛猫には、毎日のフードやお水に混ぜて、モニターしていただきました。

他のアンケート結果

一緒にモニターしたペットの種類は?
ペットにサプリは与えている?
飲み続けて何日目に変化を感じるようになりましたか?
今後もペットにコラーゲンを与えたいと思いますか?

コラーゲンを取ると
カラダに良い変化があるのはなぜ?

コラーゲンがカラダにとって
大切なのはなぜ?

コラーゲンは、カラダを構成する重要な「タンパク質」

肌はもちろん、関節や軟骨、血管などに多く存在しているコラーゲン。カラダ全体を支えている重要な成分です。

カラダ全体の20%がタンパク質
そのうち30%を占める「コラーゲン」

コラーゲンは、カラダの組織や細胞を「支える」「つなげる」ことでカラダを形作ります。

カラダの中で大切なコラーゲン。加齢とともに減ることが問題だと言われていますが、実は、劣化することの方が問題なのです。カラダのコラーゲンは酸化や糖化により劣化して、いろいろな組織で困った変化が出てきます。

本来は、自分でカラダのコラーゲンを分解して、細胞に命令を与えて活性化するペプチドをつくり出すのですが、劣化してくると分解できなくなってきます。

そこで、食品としてコラーゲンペプチドを摂ることにより、その中の有効成分のペプチドが体内でつくるのと同じように機能することで、組織を健康に保つことがわかってきました。

コラーゲンペプチドの
上手な摂り方

10kgあたりなら1日4g
なら1日5〜6g

毎日続けて摂りましょう(目安摂取量です)

もともと肉食の犬や猫は、人よりも動物性タンパク質(コラーゲン)を多く摂る必要があります。

1日のタンパク質必要量から、犬なら1日4g、猫なら1日5〜6gが良い変化が期待できる量と考えられています。もちろん食品からの摂取もできますが、不足しがちな機能成分は、サプリメントで摂ることも有用です。

毎日摂るワケ

コラーゲンペプチドの有効成分は24時間ほどで血中からなくなります。
毎日摂ることでコラーゲンペプチドを体内にキープし、常に細胞に活性化の命令を出しつづけることができます。

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s