日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
コラーゲンレシピ

杉山文のコラーゲンレシピ

テーマ:青菜レシピ
牛肉とチンゲン菜のオイスターソース炒め

チンゲン菜は炒め過ぎず、シャキシャキした食感を残して炒めることがポイント。
牛肉も赤身を使えば、エネルギーを抑えることが出来ます。

牛肉とチンゲン菜のオイスターソース炒め画像
印刷する
レシピを送る

このレシピに使用した商品

コラゲネイド

コラゲネイド

無味・無臭、糖分・脂肪分ゼロの純粋なコラーゲン由来機能性ペプチド100%。

調理時間:15

カロリー(1人分)177kcal

食塩:0.9g

材料(4人分)

  • 牛もも肉240g
  • [ 牛肉下味 ]

  • オイスターソース小さじ1
  • 大さじ1
  • 片栗粉大さじ1/2
  • たけのこ1/2個(100g)
  • チンゲン菜1束半
  • 白葱1/2本
  • 赤パプリカ1/2個
  • 生姜5g
  • [ 合わせ調味料 ]

  • オイスターソース小さじ2
  • 濃口醤油小さじ2
  • 砂糖大さじ1/2
  • 大さじ1/2
  • コラゲネイド 大さじ1
  • サラダ油小さじ2
  • ごま油少々

作り方

  • 牛もも肉は一口大に切り下味をつける。
  • 生姜は薄切り、白葱は斜め切りにする。
  • パプリカは種を取り乱切り、チンゲン菜は4cmの長さに切り、たけのこは下ゆでして4cmの長さの薄切りにする。
  • 合わせ調味料、コラゲネイド を合わせておく。
  • フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、①をさっと炒めて取り出す。
  • サラダ油小さじ1を加え、たけのこ、パプリカ、チンゲン菜の茎の部分を炒める。
  • ⑤を戻し、④をからめ、チンゲン菜の葉の部分を加えてさっと炒める。
  • ごま油をからめ、器に盛る。

※コラゲネイドは、新田ゼラチン製造のコラーゲンペプチド100%の顆粒コラーゲンです。
※使用した商品は、ニッタバイオラボで販売しています。

監修:杉山文先生 すぎやま あや

プロフィール

相愛大学人間発達学部発達栄養学科 講師

企業のメニュー開発、雑誌、ホームページなどの料理作成を手がける。
管理栄養士の知識を生かし、おいしい減塩、ヘルシーなどをテーマにメニュー開発を行う。身体にやさしい献立は幅広い世代に定評あり。

杉山文料理研究室 http://www.aya-sugiyama.com

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s