日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
お知らせ・イベント情報

2016年(47件)

2016年12月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

冬至かぼちゃレシピ

12月21日は冬至。厄除けとしてかぼちゃや小豆を食べる風習があります。
かぼちゃは夏野菜ですが、寝かせることにより栄養分がアップし、風邪予防になります。

2016年12月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

簡単手作りのクリスマスケーキ

オーブンを使わずに家庭で出来る、クリスマスケーキです。

2016年12月 1日更新渡邉真由美のヘルスケアレポート

冷えを即効ケア&ポカポカ体質に!お風呂博士が教える“入浴術”

冬は「冷え」が気になる季節。カラダが冷えると不眠や肩コリ、腰痛など、さまざまな不調の引き金にもなります。
毎日の生活の中でできる対策といえば「入浴」。バスタイムを最大限に活用すれば、その日の冷えをリセットするだけでなく、冷えないカラダづくりにもメリット大。そんなお役立ち入浴術を、専門家に教えていただきました。

2016年12月 1日更新健康コラム

さわやかな毎日を過ごすために「口臭予防」

日常生活の中で、話す相手の口臭が気になるとせっかくの楽しいひとときが台無しですよね。口臭は誰にでもあるものですが、においが強いと人間関係に影響を及ぼすことさえあります。誰も言わないけれど、もしかしたら自分もにおっているかも?
必要以上に神経質になることはありませんが、人と楽しく交流するためにも、口臭の発生原因を知ってきちんと予防対策を行いましょう。

2016年12月 1日更新シンポジウム

エビデンス研究で新たな世界が広がるコラーゲンペプチド

タイトル:第3回 新田ゼラチン コラーゲンペプチド シンポジウム
テーマ:エビデンス研究で新たな世界が広がるコラーゲンペプチド

2016年12月 1日更新メディア情報

コラーゲンペプチド摂取による糖尿病改善効果を確認

本文:http://venturewatch.jp/20161027.html

日経BPネット:http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/00/102700039/

その他:http://sangyo.jp/foodhealth/

2016年11月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

秋の薬膳レシピ

秋は空気が乾燥し、身体の中も乾燥によるトラブルが起こりやすくなります。
食べ物の力を借りて、身を守りましょう。

2016年11月 1日更新そうだったんだ!コラーゲン

そうだったんだ!コラーゲン

コラーゲンペプチドの血管・血圧への効果とは、黒田恵美子の姿勢動作改善プログラム「椅子の立ち・座り」、岩嵜麻理のコラーゲンを活かす食べ方の秘訣「バランスの良い食事が、摂るコラーゲンを活かす」

2016年10月 3日更新杉山文のコラーゲンレシピ

色々使える雑穀レシピ

雑穀はご飯にまぜて炊くのが定番になっていますが、単品でも楽しむことが出来ます。
今注目のキヌアと、昔ながらのもちきびを使ったレシピです。

2016年10月 3日更新渡邉真由美のヘルスケアレポート

だるい、きつい、太ってみえる…秋冬に多い「むくみ」のトラブル、こうしてスッキリ!

そろそろブーツが活躍する季節。「夕方になると窮屈」「ファスナーが上がらない」なんて経験はありませんか?
脚や顔のむくみは女性につきものの悩み。正しくケアして、快適にオシャレを楽しみましょう!

2016年10月 3日更新論文発表

大阪府立大学との共同研究によって、コラーゲンペプチドの筋肉への効果に関する論文が国際誌(Biochemical and Biophysical Research Communications,2016)に掲載されました。

OG(ヒドロキシプロリルグリシン)が筋芽細胞の分化を促進し、かつ、筋管細胞を肥大させることが確認できました。そのメカニズムは、OGがペプチドトランスポーターを介して細胞内に取り込まれ、タンパク質合成に関与する転写因子を亢進(mTORシグナル経路の活性化)することが確認できました。

2016年10月 3日更新学会発表

臨床試験によってコラーゲンペプチドに糖尿病の改善作用があることを第10回アミノ酸学会で発表しました。

ヒト臨床試験においてコラーゲンペプチドを1日10g、12週間摂取することで、空腹血糖値やHbA1C(糖化の指標)、インスリン抵抗性を示すHOMA-IR値が改善されることを確認し、糖尿病患者の血糖値管理において薬剤との併用によるコラーゲンペプチドの有用性が示唆されました。

2016年10月 3日更新論文発表

摂南大学との共同研究によって、コラーゲンペプチド摂取が血糖値上昇を抑制するメカニズムを解明した論文が国際誌(Journal of Medicinal Food,2016)に掲載されました。

血糖値の上昇抑制は、次のメカニズムによるものです。①腸での糖の吸収を抑制する作用、②インシュリンの分泌を促進するホルモンGLP-1を分解する酵素DPP-4の阻害作用、③GLP-1の分泌自体を促進する作用

2016年9月 1日更新健康コラム

筋肉量減少「サルコペニア(sarcopenia)」

高齢になると誰もが自覚する筋力の低下。歳だから仕方がないと思いがちですが、筋肉の減少は転倒や骨折のリスクにつながり、日常生活の質(QOL)を低下させることにもなります。
高齢社会をむかえる今、健康障害をきたしやすい高齢者の特徴の一つである今注目のサルコペニアについて考えました。

2016年9月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

筋肉アップのお助けレシピ

高野豆腐は優れた栄養がギュッと濃縮された日本の伝統食。
タンパク質、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などが豊富で消化吸収にも優れています。

2016年9月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

缶詰活用レシピ

魚の缶詰をつかって、短時間で出来るお手軽レシピです。
缶詰の魚は臭みもなく、骨ごと食べられてカルシウムやDHAも豊富です。

2016年8月 1日更新渡邉真由美のヘルスケアレポート

8月にピーク!こじらせるとこわい「夏風邪」予防と対策

年々厳しさを増す夏。体調を崩すと、身体へのさらなるダメージが心配です。夏風邪は重症化すると他の病気を引き起こしたり、別の病気と間違えやすかったり、となかなかやっかい。適切な予防&対策で健やかに夏を乗り切りましょう。

2016年8月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

元気がでるスタミナレシピ

夏バテで弱った胃腸の働きを高めるスタミナレシピです。

2016年8月 1日更新そうだったんだ!コラーゲン

そうだったんだ!コラーゲン

コラーゲンペプチドの筋肉への効果・コラーゲンペプチドの褥瘡(床ずれ)への効果、雑穀と玄米の効果と摂り方

2016年7月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

夏野菜の常備食

色々なものへのトッピングとしてバリエーションが楽しめる常備食レシピです。

2016年6月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

卵が主役のレシピ

卵は完全栄養食。コレステロールを気にして制限する必要はありません。安価で、消化・吸収にも優れている卵は、栄養補給にオススメです。

2016年6月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

初夏のゼラチンレシピ

ゼラチンは糖分・脂肪分ゼロの高タンパク食品です。普段の食事にどんどん活用しましょう。

2016年6月 1日更新渡邉真由美のヘルスケアレポート

実は身体に欠かせない!? 食事で値は変わらない!?「コレステロールの真実」

「コレステロールが気になる方に」コマーシャルや健康食品のパッケージでよくこんな文言を見かけます。コレステロールは健康にとって悪、と決めつけられがちですが、実は大きな誤解も。
おさえておきたいコレステロールの知識をまとめました。

2016年6月 1日更新健康コラム

今こそ疑問に答えます!美容と健康に役立つ「ゼラチン&コラーゲンペプチド」

「ゼラチンでコラーゲンは摂れるの?」、「ゼラチンとコラーゲンペプチドの違いは?」、「どちらが健康にいいの?」など、多くの質問が寄せられています。
実はゼラチン、コラーゲンペプチドは、分子量の大きさが違うだけで、もととなるコラーゲンは同じ。たんぱく質としてのアミノ酸の組成は全く同じですが、それぞれ特性があり、美容と健康に良い効果を発揮します。

2016年5月 2日更新杉山文のコラーゲンレシピ

あさりたっぷりレシピ

潮干狩りの季節。あさりをたっぷり使って、旨味と栄養を堪能しましょう。

2016年5月 2日更新そうだったんだ!コラーゲン

そうだったんだ!コラーゲン

コラーゲンが効く細胞とは、骨によい食事とは「強い骨をつくるために気をつけたい食事」

2016年4月 1日更新渡邉真由美のヘルスケアレポート

あなどれない「春のストレス」上手くつきあってカラダもココロもスッキリ!

すっかり暖かくなり、明るい日差しが気持ち良い季節のはずなのに、なぜか心身の調子は低空飛行。めまいや頭重感、だるさやウツウツ気分に悩まされていませんか?
それは春特有のストレスが、身体の“めぐり”を悪くしているせいかも知れません。

2016年4月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

胃腸にやさしい春レシピ

胃腸の調子を整えてくれる効果のある春キャベツを使ったレシピです。

2016年3月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

山菜レシピ

春の味覚。山菜の独特の苦味や香りを楽しむレシピです。

2016年3月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

グルテンフリーのおやつ

小麦粉を使わない、糖質控えめのヘルシーおやつです。

2016年3月 1日更新シンポジウム

コラーゲンペプチドの製品開発と、よくある質問への回答

2015年10月8日、11月13日開催の消費者向けコラーゲンシンポジウムにおいて、新田ゼラチン(株)の片岡研究員が発表した研究最新情報をレポートしました。

2016年3月 1日更新健康コラム

髪のお悩み対策「髪をあきらめる前に、飲むコラーゲン」

人の印象の8割はヘアスタイルで決まるとか。でも年齢とともにヘアスタイルが決まらなくなってきたとお悩みの方も多いのでは。ヘアケアといえばトリートメントなど、外側から補うことが主流ですが、飲むコラーゲンがケアに役立つことはあまり知られていません。いつまでも若々しい印象を保つために、コラーゲンでツヤのある美しい髪をめざしましょう。

2016年2月 1日更新シンポジウム

コラーゲンペプチドの機能性研究~皮膚・関節・骨について~

2015年10月8日、11月13日開催の消費者向けコラーゲンシンポジウムにおける、城西大学 真野教授の講演レポートです。

2016年2月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

白菜活用レシピ

鍋物になりがちな白菜のアレンジメニューです。
白菜は淡泊なのでどんな味にも合い、煮込むとトロリと甘くなります。

2016年2月 1日更新渡邉真由美のヘルスケアレポート

冬に心がけたい、血圧を上げない生活術

寒い時期は、心筋梗塞や脳卒中といった、高血圧を背景とする疾患にご用心。それほど血圧が高くない人でも、朝の冷え込みや室内外の気温差が命とりになる恐れも。血圧を上げない生活の、ちょっとした工夫をまとめました。

2016年2月 1日更新そうだったんだ!コラーゲン

そうだったんだ!コラーゲン

最近いただいたGOODな質問への回答、コラーゲンペプチドの肌への効果、食事で内側から美肌をつくる

2016年1月 4日更新杉山文のコラーゲンレシピ

正月太り解消レシピ

運動不足や塩分の摂りすぎによるむくみが原因のことが多い、お正月太り。
カリウムたっぷりでヘルシーなレシピで解消しましょう。

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s