日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
お知らせ・イベント情報

最新情報(20件)

2020年4月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

玉ねぎレシピ

新玉ねぎの美味しい季節。調理による食感と美味しさの違いを楽しみましょう。

2020年4月 1日更新渡邉真由美のヘルスケアレポート

めまいやだるさ、イライラ、クヨクヨ…… 春の不調は「変化ストレス」を減らしてラクに!

年度替わりを迎える春は、何かと「変化」の多い季節。子どもの卒入学、職場の異動や転勤、転居などで、それまでの生活パターンが一変する人も。大きな変化が短期間に集中すると、ストレス過剰になり心身に不調をきたしやすくなります。やりすごしているとつらさを夏以降にひきずってしまうことにもなりかねません。こうした「変化ストレス」のサインと効果的な対処法を、ストレスケアに詳しい医師に伺いました。

2020年4月 1日更新論文発表

コラーゲンペプチド5g摂取によるⅡ型糖尿病改善に関する論文が『Journal of Diabetes & Metabolism』に発表されました

過去の報告ではCPT 10g/日を12週間摂取により、糖尿病改善効果が得られていましたが、本試験では過去の半量(5g/日)でも同等の効果(空腹時血糖値およびHbA1Cが有意に減少し、インスリン抵抗性、QOLが改善)が得られることが示されました。

2020年3月 2日更新杉山文のコラーゲンレシピ

食物繊維アップレシピ

生活習慣病の予防に食物繊維をたっぷり摂りましょう。

2020年3月 2日更新杉山文のコラーゲンレシピ

春キャベツレシピ

旬の春キャベツをたっぷり使うレシピです。

2020年3月 2日更新セミナー

フレイル予防でアンチエイジング

2019年9月29日(日)伊賀瀬道也先生 講演会レポート「フレイル予防でアンチエイジング」

2020年3月 2日更新レポート

「カラダをめぐるコラーゲンの旅 Part 2」~壊してできる活性型コラーゲンオリゴペプチドACOP~

前号において、タンパク質はカラダの中でつくりだされ、その後次第に壊されていく、この一連の流れを「タンパク質代謝」ということをお伝えしました。そしてコラーゲンタンパクにおいては、高品質なコラーゲンタンパクをつくる、そして分解により高品質のコラーゲンペプチドが産生する、すなわち高品質のコラーゲン代謝を円滑にすることが、カラダの正常な機能維持に重要であると解説しました。次の課題は、「高品質のコラーゲンペプチドがどの様に働くかを調べること」です。そこで今回は、まず高品質なコラーゲンタンパクをどの様に作り出し、次にコラーゲンタンパクが分解されると、どの様なコラーゲンペプチドが作り出されていくのか、そしてこれらがもつ生理作用を解説いたします。

2020年2月 3日更新杉山文のコラーゲンレシピ

節分の福豆変身レシピ

余ってしまった節分豆をおいしく活用したレシピです。

2020年2月 3日更新渡邉真由美のヘルスケアレポート

かすれる、詰まる、聞き取りづらい…… “フケ声”は、カンタン「声筋」トレーニングで若返る!

見た目は若々しくても、声が低くしわがれていたり、ぼそぼそと通らない声だったりすると一気に老けた印象に。でも「もう年だから」とあきらめるのは早計です。つやのある声を取り戻すには、発声のカギを握る、のどの小さな筋肉「声筋」のトレーニングが有効。声筋の大切さとトレーニング法を、山王病院 東京ボイスセンター長 渡邊雄介先生のご著書『フケ声がいやなら「声筋」を鍛えなさい』(晶文社)から解説します。

2020年1月 6日更新杉山文のコラーゲンレシピ

カラダを温める温活レシピ

内側からカラダを温めるのに効果的な食材を使ったレシピです。

2020年1月 6日更新レポート

「カラダをめぐるコラーゲンの旅 Part1」~豊かなコラーゲン産生とコラーゲン代謝~

読者の皆様はコラーゲンペプチドを摂取してどのような体感がありますでしょうか。実際、摂取した際の体感には個人差があり、効果に強弱が現れたり、効果が出る部位も異なったり、一方で、殆ど体感が現れない方もいるようです。とても不思議な生理現象だと思います。我々はこの謎を解き明かすため、研究を重ねてきました。最近、一つの答えが見つかりました。その過程を皆様にご紹介したいと思います。題して「カラダをめぐるコラーゲンの旅 part1」です。

2019年12月 2日更新杉山文のコラーゲンレシピ

パイシート活用レシピ

冷凍パイシートはお洒落なパーティーメニュー作りにオススメです。

2019年12月 2日更新杉山文のコラーゲンレシピ

ちょっと贅沢!カニレシピ

低エネルギーでたんぱく質が豊富なカニ。カルシウムも豊富です。冬の美味しい時期にゆでたカニを使って作ってみましょう。

2019年12月 2日更新渡邉真由美のヘルスケアレポート

言葉が聞き取れない、アラームに気づかない…… 40代から進む「聞こえにくさ」、原因と対策

「最近、耳が遠くなって…」気にはなるけれど、年のせいだから仕方ない、とやりすごしていませんか? 確かに聴力は自然な老化で衰えていくものの、それに加えライフスタイルやストレス等も聞こえにくさのリスクに。大音量を聴き続けないなどの自衛とともに、気になったら早めの受診も、快適な「聞こえ」を維持するポイントです。

2019年11月 1日更新杉山文のコラーゲンレシピ

蓮根のおかずレシピ

蓮根のシャキシャキ食感を楽しむレシピです。

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s