日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
健康のために

渡邉真由美のヘルスケアレポート

2016年 4月 更新あなどれない「春のストレス」上手くつきあってカラダもココロもスッキリ!

すっかり暖かくなり、明るい日差しが気持ち良い季節のはずなのに、なぜか心身の調子は低空飛行。めまいや頭重感、だるさやウツウツ気分に悩まされていませんか?
それは春特有のストレスが、身体の“めぐり”を悪くしているせいかも知れません。

環境の急な変化が大きなストレスになりやすい春

明るい日差しにぽかぽか陽気。四季を通じてもっとも穏やかな春は、心身とも軽快に過ごしやすい季節と思われがちです。
ところがこの時期、さまざまな不調に悩まされる人が増えてくるもの。「朝、起きにくい」「めまいやふらつきがある」「だるくて身体が重い」「気分が沈む」など訴えはさまざまですが、気候の良さに反して活動的になれない、身体がついていかない、という点が共通していそう。

実は、春こそ一年の中で、もっともストレスに警戒すべき季節なのです。

人間の身体は「恒常性(ホメオスタシス)」といって、バランスのとれた一定の状態に保とうとする仕組みがもともと備わっています。そして、その仕組みは心身の活動と安静をつかさどる自律神経によってコントロールされています。

ところが春になり気温や湿度の上昇、紫外線の強化などの環境の変化がストレスとなり、自律神経のコントロールが追い付かなくなると、心身のバランスが崩れて不調を起こしやすくなるのです。
環境の変化は気候だけではありません。春は卒入学や入社、異動、昇進、転勤、転居など、ライフイベントの中でも大きな変化が訪れることの多い季節でもあります。たとえそれが喜ばしい変化であっても、今までと生活や立場などが変わることが、心身にとっては大きなストレスになります。

変化の最中にいるときには、夢中で過ごしていて気づかなくても、ひと段落したころにどっと疲れが出たり、気分が落ち込んだり、というのは、ストレスをためこみ押しつぶされそうになったココロとカラダからのSOSなのです。

不調脱出のカギは身体の“めぐり”

環境の変化がなぜ、心身に不調をもたらすのでしょうか。

気温を例に挙げると、春は「三寒四温」「花冷え」という言葉があるように、暖かい日が続いたかと思えば急に寒くなったり、昼間の暖かさの割には夜の冷え込みがきつかったりなど、他の季節以上に身体は寒暖の差にさらされがちです。

体内では体温を一定に保つため、常に気温に応じて血流や汗の量を調節する機能が働いていますが、急な気温の低下で身体が冷えを感じると自律神経の働きに乱れが生じ、血管が収縮してしまいます。その結果血流が悪くなってしまうのです。

冷えは、血液以外の体液の流れも悪くしてしまいます。漢方の考え方では「水毒」といって、身体の中で水分が過剰にたまっているところと、不足しているところが混在している状態を指します。
例えばお腹にたまっていると胃もたれや下痢、頭にたまると頭痛や耳鳴り、めまい、下肢にたまるとむくみ、といった症状が出やすくなります。
冷えの自覚がなくても、これらの症状に心当たりがあれば、身体の“めぐり”が悪くなっているといえるでしょう。

精神的なストレスも自律神経の働きを乱し、めぐりを滞らせるもとになります。
これは裏を返すと、身体のめぐりをよくしてあげることが、不調改善の助けになることを意味しています。
気候そのものは変えられませんし、ストレスも解消しようとがんばることがさらなるストレスになることも。それよりまずは身体に働きかけ、健やかで心地よい状態をつくると、精神的なストレス、負担感も減らせることが期待できます。

身体に出る「水毒」の代表的なサイン

  • 頭重感
  • めまい、耳鳴り
  • たちくらみ
  • お腹が冷たい、動くとポチャポチャ鳴る
  • むくみ
  • 排尿に偏り(頻尿になったり尿が少なくなったり)

めぐりを良くする生活の工夫

首、お腹、足首を冷やさない

「もう暖かくなったし、冷えも感じていないから大丈夫」という人ほど要注意。寒くなくても冷えやすい身体の部位があります。それは「首、お腹、足首」

漢方の考え方では、首の後ろにはめぐりの要となるツボが集中しています。また、お腹は、冷えをためこむ場所とされています。
冷えは通常、手足の先から始まりますが、ひどくなっていくと身体の中心部まで冷え、お腹にとどまってしまいます。スカーフを巻く、股上の深い下着を穿くなど、保温の工夫をしましょう。

三陰交の場所

足首には、身体を温める「三陰交」 というツボがあります。ここを冷やさないようにすれば、全身の冷えを防ぐことができます。

内くるぶしから指4本分上にある「三陰交」を軽く指圧したり、足浴で温めたりするのがおすすめ。

夜に、身体を温める食べ物を

春は、日中こそ気温が上がっても、夜は冷えやすくなるので、夜に身体を温める食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

<身体を温める食べ物の一例>

根菜(ごぼう、にんじん、大根など)
しょうが、ねぎ
赤身の肉、レバー
黒豆、ごま、くるみ
ココア

春野菜のススメ

筍や菜の花、アスパラガスなどの春野菜は「苦味」に特徴が。これはポリフェノールやアルカロイド系と呼ばれる機能性成分によるものと言われています。
これらの成分には身体の水分の循環を良くしたり精神を安定させたりする働きが
また、春野菜は一般的に、食べる部分が芽やつぼみであることが多く、成長に使うエネルギー=栄養をたくさんもらえるという考え方も。
旬を楽しむ意味でも、積極的に食べたいものですね。

筋力アップでめぐりを促す

筋肉は身体を動かすほか、血管やリンパ管を刺激しめぐりを良くする「ポンプ」の役割も担っています。
寒い冬はどうしても運動不足になり、筋力も低下しがち。ポンプ機能も落ちてめぐりが悪くなり、それがむくみの要因になることも。
春になったら適度な運動で筋力をつけることが大切です。また、運動すれば血流も良くなるのでめぐりの改善に一石二鳥です。

ぬるめのお風呂にゆっくりと

特に若い世代に、暖かくなると湯船に浸からずシャワーで済ませてしまう人が多いようですが、それでは冷えを促進させてしまうことに。
38~40℃程度の、少しぬるいと感じるお湯にゆっくり浸かると、冷え改善だけでなく自律神経の働きを整える効果が。
身体のめぐりがよくなるほか、リラックスして夜ぐっすり眠れるようになるなど、メンタル面のメリットも見逃せません。

渡邉真由美 わたなべ まゆみ

プロフィール

健康予防管理専門士。
健康・美容・医学ライター、日本メディカルライター協会会員。

「ミドル~シニア世代のQOL向上」をメインテーマに、書籍、雑誌、WEB等の企画構成、取材、執筆を数多く行っている。

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s