日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
健康のために

健康コラム

第20回

今こそ疑問に答えます!美容と健康に役立つ「ゼラチン&コラーゲンペプチド」

「ゼラチンでコラーゲンは摂れるの?」、「ゼラチンとコラーゲンペプチドの違いは?」、「どちらが健康にいいの?」など、多くの質問が寄せられています。
実はゼラチン、コラーゲンペプチドは、分子量の大きさが違うだけで、もととなるコラーゲンは同じ。たんぱく質としてのアミノ酸の組成は全く同じですが、それぞれ特性があり、美容と健康に良い効果を発揮します。

コラーゲン、ゼラチン、コラーゲンペプチドの違い

コラーゲン、ゼラチン、コラーゲンペプチドの違い

コラーゲンが吸収されるしくみ

アミノ酸の集合体であるたんぱく質は骨や筋肉、臓器、血管、皮膚、爪、毛髪などを構成し、生きていくうえで欠かすことのできない大切な栄養素です。また、エネルギー源としても利用され、酵素やホルモンなどの材料にもなります。

これまでたんぱく質は、カラダの中ですべてバラバラのアミノ酸に分解されると考えられていました。しかし、コラーゲンは他のたんぱく質とは異なり、コラーゲン特有のアミノ酸をもつため、たんぱく質分解酵素が作用しにくく、かなりの割合でアミノ酸が数個くっついたペプチドという形で吸収されることがわかったのです。

アミノ酸とペプチドの機能の違い

コラーゲンのアミノ酸組成には偏りがあり、全体の1/3をグリシン(G)が占め、続いてプロリン(P)、アラニン、コラーゲンにしかないヒドロキシプロリン(O)と続きます。グリシンは睡眠や抗うつ、美肌に、プロリンは関節痛改善や美肌、脂肪燃焼などに働くといわれています。しかしアミノ酸がつながったペプチドになると機能は一転します。

2つの特別な活性型ペプチド(PO、OG)が皮膚・髪・爪・関節・骨・血管などの細胞を活性化するスイッチを入れて細胞本来の働きを促し、若々しい身体を維持することに役立ちます。

ゼラチンとコラーゲンペプチド 吸収の違い

新田ゼラチンのコラーゲンペプチドは、長年の機能性研究による分解技術で、活性型ペプチドをたくさんバランスよく吸収できるように作られていますので、ゼラチンよりもコラーゲンペプチドを摂取した方が2倍ほど多く活性型ペプチドを吸収できます

一方、ゼラチンは、カラダの材料やエネルギーとなる「たんぱく質(アミノ酸)」をコラーゲンペプチド摂取の1.5倍ほど多く吸収できますが、活性型ペプチドの吸収は、個人の消化吸収力により差が大きくなります

ゼラチン摂取とコラーゲンペプチド摂取の吸収の違い

近年、日本人のたんぱく質の摂取量は年々減少し、20年前と比べて15%減少(動物性たんぱく質は16%減少)しています。高齢者ほど不足しがちですので、それぞれの特長を活かして、健康と美容にお役立てください。

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s