日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
健康のために

健康コラム

第15回

春のヘアケア

身体の新陳代謝が活発になる春は当然髪の毛を作る毛根の細胞も活性化します。
春は髪の成長の季節でもあるのです。ふんわりボリュームのある健康的な髪をめざして、ヘアケアのポイントをご紹介します。

春はヘアケアの季節

人の髪の毛は1年365日、いつでも生えているので、あまり意識することはありませんが、秋冬は抜け毛が多いと感じることはありませんか。

本来人も動物も、秋から冬が毛の生え変わる時期にあたります。
そして草木の芽吹きと同様、春先から夏にかけ最も成長するといわれます。
春にしっかりケアをしておけば、夏の成長期を経て次の秋に抜ける髪が少なくなり、一年を通して健康な髪が作られるというわけなのです。

春は同時に頭皮トラブルの季節

気温が上昇すると、新陳代謝が活発になるとともに汗や皮脂の分泌も盛んになって頭皮はただでさえ敏感になっています。それに加えて春先の風はホコリを舞い上げ、そのホコリや皮脂によって頭皮が汚れやすくなります。毛穴に皮脂が詰まるなどして、かゆみや赤みなどが出ることもあります。

さらにこの時期は紫外線も強くなることから、頭皮の日焼けにもご用心。頭皮はいつも清潔に保つよう心がけましょう。春はお肌と同じように髪にも細心の注意が必要なのです。

ホルモンバランスは栄養バランス

髪トラブル

髪のトラブルの原因は「汚れ」「紫外線」だけではありません。
たとえば「ホルモンバランス」。ホルモンは髪と密接な関係があるといわれます。

女性ホルモンは髪の育成促進に、男性ホルモンは抑制に働くという説があります。
髪の毛が老化以外で抜けてしまうのは男性ホルモン過多が原因ともいわれます。男性ホルモンは脂肪組織からも生成されるため、太りすぎは要注意。髪の健康には動物性脂肪の摂取を控え、食事をバランスよく摂ることも大切です。

「栄養不足」は髪に表れる

さらに人の身体は非常にうまくできていて、摂取された栄養素はまず生命維持に必要なところから順に送られます。髪の毛やお肌は生命には直接関係ないので、栄養が回ってくるのは一番最後。だから栄養不足の影響は真っ先に髪の毛に表れてくるのです。

髪がやせた、艶がないというのは 、身体の末端にまで行き届く十分な栄養が摂れていないということ。ホルモンバランスの面からも、いかに普段の食事が大切かということですね。過度なダイエットも要注意です。

頭皮の血行をよくする

トラブルの原因「汚れ」「紫外線」「ホルモンバランス」「栄養不足」に加え、最後にもうひとつ。「血行不良」もトラブルを引き起こす原因のひとつです。

運動画像

ストレスなど緊張状態が続いて交感神経が優位な状況が続くと、毛細血管が収縮し血行が悪くなります。髪に必要な栄養が行き届かず抜け毛の原因になってしまうこともあります。メンタル面でもくよくよと思い悩むことは髪の健康にはよくありません。

春だからこそストレスを吹き飛ばせる趣味や軽い運動をはじめるのもいいかもしれませんね。
オイルやローションで頭皮マッサージするのももちろん血行促進には効果ありです。

血行改善!頭皮マッサージ

マッサージは、体が温まりやすい入浴中や入浴後がおすすめです。
シャンプーのついでにマッサージすればローションやオイルがいらないので効率的です。

  • 親指以外の4本の指を耳を包みこむようにあて、円をかくように上方にむかって マッサージしていきます。
    マッサージ1
  • 両手の指の腹を使って生え際から頭頂部、後頭部から頭頂部にかけて下から上へ もみほぐします。
    マッサージ2

バランスよく栄養素を摂る

髪に必要とされる栄養素は、髪そのものを作るタンパク質、成長作用のある亜鉛、新陳代謝を促すビタミン類、発育を促進するヨードなどが挙げられます。
古くから髪に良いとされている昆布やヒジキなど海藻類はヨードを含んでいます。

亜鉛は不足すると抜け毛を招くとされ、牡蠣や蛤などの貝類に多く含まれます。
タンパク質であるコラーゲンを低分子化したコラーゲンペプチドを摂ると髪を太くする効果があることが実験の結果で示されています。これはコラーゲンぺプチドが毛母細胞に働きかけ、毛髪の代謝によい影響を及ぼすものと考えられています。

髪に必要な栄養素&食品

  • 髪そのものを作る・・・【タンパク質】肉、魚、卵、豆腐
  • 成長作用・・・【亜鉛】牡蠣、ハマグリ、クルミ
  • 新陳代謝を促す・・・【ビタミン類】人参、ブルーベリー、トマト
  • 発育を促進・・・【ヨード】昆布、ヒジキなどの海藻類
髪に必要な食品画像

ストレスやホルモン、栄養など原因は様々ですが、ヘアケアは髪が成長し、トラブルを抱えがちな春だからこそ大切なのです。まずは早速食生活の見直しから始めませんか。

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s