日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
健康のために

健康コラム

第4回

気づかないうちにも発症!? 夏の熱中症対策

これからの季節、必ず話題になるのが熱中症身体の体温調節がうまくいかず、けいれんや意識障害などを引き起こす病気です。炎天下やスポーツなどの激しい運動をした後などに限らず、室内でじっとしていても発症することがあるため注意が必要です。
でもふだんのちょっとした心がけで予防は可能です。まずは予防法、そしていざという時の対処法を知っておきましょう。

熱中症とは

熱中症とは熱が放出できなくなることで起こる機能障害

熱が放出できなくなることで起こる機能障害

人は皮膚の表面から空気中に熱を放出して体温の上昇を抑えています。さらに汗をかき、その蒸発する際の熱を奪う働き=気化熱を利用して体温を調節しています。しかし、夏場には気温が体温より高くなる場合があります。そうなると熱は外に放出されにくくなり、さらに湿度が高くなると汗をかいても蒸発せず、発汗による体温調節もできなくなります。

また、発汗などによって体内の水分量が減ると、身体は心臓や脳を守るため血管が収縮しはじめ、ここでも熱の放出ができなくなるのです。熱中症とは体温を調整する機能がコントロールを失い、体温がぐんぐん上昇してしまうことによって、だるさやめまい、ひどくなると痙攣や意識の異常などを引き起こす病気です。

予防のポイント

部屋の温度はこまめにチェック。

室温が28℃を超えないことが目安です。エアコンや扇風機を上手に使ってコントロールしましょう。

こまめな水分補給。

のどが渇いたと思った時はすでに水分不足の場合があります。のどが渇いたと感じなくても定期的に少しずつ水分を補給しましょう。塩分も一緒に失われるのでスポーツドリンクなどもおすすめです。

通気性の良い服装&日よけ対策。

無理をせず適度に休憩を!

日ごろから栄養バランスのよい食事で体力づくりを!

対処方法

重症度レベル1めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗

涼しい場所で安静&水分補給

涼しい場所に移動させ、衣服をゆるめて安静にし、水分補給を行えばたいていの場合回復します。冷たい水は胃の表面で熱を奪うため有効です。

重症度レベル2頭痛・吐き気・身体のだるさ・身体に力が入らない・集中力や判断力の低下

冷却&水分補給で改善が見られない場合は受診を

涼しい場所に移動させ、衣服をゆるめて身体を冷やし、水分だけでなく塩分などの補給も速やかに行います。スポーツドリンクや食塩水(1ℓに食塩2〜3g)を摂るようにしましょう。
症状が改善すれば受診の必要はありませんが、口から水分が摂れない場合や症状の改善が見られない場合は医療機関を受診してください。

重症度レベル3意識障害・けいれん・運動障害(普段通りに歩けない)

迷わず救急車を要請!

呼びかけに対して反応がない、会話がおかしいなどの意識障害や普段通りに歩けないなどの運動障害がある場合、また自力で水分が摂れない場合はためらわず救急車を要請します。
涼しい場所に寝かせて、首やわきの下、太もものつけねなど、太い血管のとおっている場所を保冷剤で冷やして、体温を早急に下げるなどの応急処置も大切です。

早めのチェックが大切

「高齢者や小さな子どもの熱中症対策」

高齢者は、暑さを感じにくかったり汗をかきにくかったりと、体温を下げるための身体の反応が鈍くなっています。またエアコンを使う習慣がなかったり、節電にまじめ過ぎたりするのも危険。自覚がないままに熱中症になってしまうお年寄りが多いのです。のどが渇かなくても、暑さをさほど感じていなくても水分をこまめに摂り、室温をチェックすることが大切ですね。

また子供は、体温調節機能が未熟なうえ小さいので地面の照り返しで高温にもさらされ、熱中症になりやすいので注意が必要です。子どもの様子をよく観察し、遊びの途中でも水分をしっかり摂らせるようにしましょう。通気性のよい服装に気をつけ帽子も忘れずにかぶらせてあげましょう。

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s