日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
コラーゲン基礎知識

そうだったんだ!コラーゲン

健康講座

姿勢動作改善プログラム
ひざ痛、腰痛、股関節痛を改善する運動3

運動時の注意点は、体操中も自然に呼吸を続けること。運動に慣れていないと、つい息を止めてしまいがちですが、筋肉に充分な酸素を送る為に呼吸は大切です。

太ももやおしりの筋肉、腹筋、腸腰筋など、軽快な歩きに必要な筋肉をまとめて鍛える体操。腰痛対策にも効果抜群です。

顔を正面に向け、両足を揃えて立つ。

息を吸いながら、ひざが上がるところまで上げて、軸足でしっかり立つ。

(上げた足先が反り返らないように。軸足のひざが曲がらないように)

息を吐きながら、上げた足を後ろに引く。1〜2足長引いて、

つま先を床にチョンとつけたら、①に戻る。

骨盤周辺の筋肉が衰えると、歩行時に重心が横にぶれ、よろけて横方向に転びやすくなります。この体操は、シンプルな動きでありながら骨盤を安定させる効果は絶大です。

顔を正面に向け、息を吸いながら、手を真横に腕と床が平行になるように上げる。

足は肩幅よりも大きく開く。足先は少し外向き。(ひざと足先の向きを同じにします)

息を吐きながら、かかとを床につけたまま、左足に体重を乗せて体を横に動かす。

息を吸いながら体を戻し、息を吐きながら今度は右足に体重を乗せて体を横に動かす。

体を横に動かした時、腕が下がらないように気をつけましょう。

黒田恵美子

黒田 恵美子 くろだ えみこ

プロフィール

健康運動指導士
一般社団法人ケア・ウォーキング 普及会代表理事 / 東海大学医学部客員教授 / NPO法人日本健康運動指導士会常務理事

ひざ痛・腰痛予防など介護予防、脳卒中リハなど運動弱者を支援するエクササイズから、女性を若々しく、美しくするためのブラッシュアップ講座まで多岐に渡る活動を行っています。
「ケア・ウォーキング®」「ひざちゃん体操」を提唱して、痛みの起こらないカラダの使い方、修正法、動作改善を考案し、健康で美しく歩くことを目的とした歩き方教室、ひざ痛予防教室や指導者養成に力を注いでいます。

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s