日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
コラーゲン基礎知識

そうだったんだ!コラーゲン

コラーゲン講座
最近いただいたGOODな質問への回答

フィッシュコラーゲンと豚コラーゲンの違いは?

魚、豚、牛では、若干アミノ酸構成が違います。しかし、栄養的にはほとんど変わりません。また、低分子化したコラーゲンペプチドにおいては、原料種の違いよりも、ゼラチンを酵素分解(低分子化)してコラーゲンペプチドを作る際の製法や技術の違いで、カラダに作用するペプチド(PO、OG)の吸収量が変わり、機能性に差が出てきます

単細胞生物がコラーゲンにより、形づくられ多細胞生物になった。
 ↓
よって、ヒト、牛、豚、魚などのコラーゲンは似ている。(原料にかかわらず効く)

コラーゲンよりも、アミノ酸で摂る方がいいと聞きましたが?

どちらもカラダに良いことですが、目的が違ってきます。
バランスの良いアミノ酸を摂ることは、カラダの材料やエネルギー補充になります。
一方、コラーゲンを摂る意味は、特定のペプチドによって細胞に命令を与えて活性化し、衰えた代謝を整えることにあります。(一部はアミノ酸になって吸収されます。コラーゲンのアミノ酸は特長があり、美肌に良いプロリン、睡眠に良いグリシンなどが豊富です。)
そのような機能から、アンチエイジングにはコラーゲン摂取が最適であると考えています。

コラーゲンペプチドの代わりにゼラチンを摂っても同じ?

タンパク質(アミノ酸)の補給としては、ゼラチン摂取の方が1.5倍ほど多く吸収できますが、カラダの細胞に命令を与えて活性化するペプチド(PO、OG)は、ゼラチンよりもコラーゲンペプチドを摂取した方が2倍ほど多く吸収できます。
アミノ酸はカラダの材料やエネルギーとして欠かせないものです。高タンパク質食品としてのゼラチン摂取はオススメです。

一方、ペプチド(PO、OG)はカラダの細胞に命令を与えて活性化し、代謝を促して様々な組織を修復します。
ペプチド(PO、OG)はゼラチンでも吸収できますが、コラーゲンペプチドよりも効率が悪く、しかも、吸収の度合いに個人差があります。
ゼラチン摂取することで関節や肌に効果を感じていらっしゃる方もおられますが、個人差が少なくより確実に効果を実感いただくために、コラーゲンペプチドを摂ることをオススメしています。

文責:「食卓にコラーゲンを♪」推進委員会 運営事務局:小田義高
このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s