日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
コラーゲン基礎知識

そうだったんだ!コラーゲン

コラーゲン講座
コラーゲンペプチドの肌への効果

「うるおい」(角質水分量)の改善

肌荒れに悩む女性82人に、1日当たりコラーゲンペプチド5gを8週間連続で摂取してもらった結果、頬の水分量が91%増加しました
コラーゲンペプチドの有用成分(ジペプチドPO、OG)が線維芽細胞に命令を送り、細胞活性化のスイッチを入れることで、ヒアルロン酸を産生するため、肌の水分量が向上します。

PO…プロリルヒドロキシプロリン(アミノ酸のプロリンとヒドロキシプロリンがつながったもの)
OG…ヒドロキシプロリルグリシン(アミノ酸のヒドロキシプロリンとグリシンがつながったもの)
いずれも生理活性をもたらす活性型ペプチドです。

「弾力性」(目尻弾力)の改善

同上の実験で、目尻の弾力性が14%向上しました。
有用成分のペプチド(PO、OG)が線維芽細胞をたくさん集めてきて、コラーゲンやエラスチンの産生を促進するため、真皮層が整えられることにより、弾力が向上します。
それにより、目尻のちりめんシワが減少し、ふっくらとした肌になることも確認されています。

「隠れシミ」の改善

肌へのダメージとして、紫外線によるシミがあります。
紫外線の影響は、肌の表面だけではなく、肌の奥でも起こっています。特殊な機械で肌内部の状態を映すと、目に見えないところでシミができていることがわかります。このシミを「隠れシミ」と呼びます。
女性25人に、1日当たりコラーゲンペプチド5gを4週間連続で摂取してもらった結果、摂る前に比べて、隠れシミの面積が12%減少することが確認されました。コラーゲンペプチドを摂ることで「シミ」予防になるということです。
メカニズムとしては、PO、OGが線維芽細胞に作用して、代謝を活性化することで、メラニンの排出を促進すると考えられています。

コラーゲンたっぷりのドリンクを飲んで、翌日の肌が違うのは気のせい???

テレビでは、「気のせい」とか「むくんだだけ」だとか言われて否定されていますが、あながちウソではありません。ヒトのヒアルロン代謝は早く、1〜2日で代謝します。
ですので、コラーゲンペプチドをたくさん摂ると、PO、OGが線維芽細胞を活性化し、翌日、肌のヒアルロン酸が増えて水分量が増加することによる”ぷるぷる感”は十分あり得るのです。

文責:「食卓にコラーゲンを♪」推進委員会 運営事務局:小田義高
このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s