日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
コラーゲン基礎知識

そうだったんだ!コラーゲン

健康講座

髙橋未樹のプチレッスン♪
食事で内側から美肌を作る「美肌を目指すために気をつけたい食事」

美肌を目指すためにスキンケアなど外側からのお手入れをすることは大切ですが、日々新しい肌の細胞をつくっているのは食事です。食事が整うと肌質も向上します。

タンパク質を摂る

美肌にいい栄養素というとビタミン摂取のために野菜やサプリメントの摂取をイメージすることが多いですが、肌はタンパク質からできています
また、コラーゲンやエラスチン、天然保湿因子もタンパク質からできています。
不足するとシミ、しわ、たるみが進みます。タンパク源となる肉、魚、大豆製品、卵を摂ることが大切です。

ビタミンCを摂る

ビタミンCは、シミの原因となるメラニン色素を薄くする効果があります。
また、コラーゲン生成を助けて肌に弾力を与える働きもあります。
ビタミンCは、パプリカ、ピーマン、かぼちゃ、柑橘類などに含まれていますが、必要な量以上は、カラダの外へ排出されてしまうので、毎日意識的に摂りましょう。

ビタミンAを摂る

ビタミンAは、汗線や皮脂の働きを活発にし、肌にハリと潤いを与えてくれます。
また、抗酸化作用もあるため、老化予防にもつながります。
ビタミンAは、緑黄色野菜、レバー、うなぎなどに含まれていますが、ビタミンCとは異なり摂りだめできるため、摂れるときに意識的にしっかり食べるようにしましょう。
(サプリメントなどで大量に摂ると過剰摂取の危険があるため容量は守ってください。)

腸内環境を整える

「腸内美人は素肌美人」という言葉がありますが、新しい肌をつくるための栄養素をカラダの中へ取り込んでいる入り口は腸です。
また、腸には腸内細菌が約1,000兆個も住んでいて、人の消化液や酵素では分解できない栄養を吸収できる形に分解したり、体内でつくることができないビタミンなどを生成したりもします
栄養の吸収、生成を行っている腸をベストな状態にすることは、美肌をつくる上でも健康を保つ上でも重要です。
腸内環境を改善するために発酵食品(味噌、納豆、漬物、キムチ、ヨーグルトなど)を摂りましょう。
また、腸内細菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖を摂ることもオススメです。

ぜひ、食から質の良い肌をつくり、肌美人を目指しましょう。

髙橋美樹

髙橋未樹 たかはし みき

プロフィール

管理栄養士/ 健康・食育シニアマスター
“Belady プランナー”として食からカラダを整えて美しく、健康になるセミナーやカウンセリング活動を行っています。

現在、ニッタバイオラボ「ファン倶楽部」で、食事に関するプチレッスン(セミナー)を展開中です。

しっかり食べてメリハリボディ♡BeLadyボディのつくり方♡
http://ameblo.jp/cml-shokuji/

このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s