日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
コラーゲン基礎知識

そうだったんだ!コラーゲン

コラーゲン講座

「コラーゲンペプチド」と「ゼラチン」カラダへの働きの違いは?

美容や健康のためにゼラチンを毎日摂取されて、その効果を実感されている方も多くおられます。最近ゼラチンを食べてもペプチドを吸収できて、生理活性作用があることがわかってきました。
それでは、コラーゲンペプチドとの吸収や効果の違いは、どのようなものなのでしょうか?

食べたゼラチンやコラーゲンペプチドがカラダに吸収されて、その中の有効成分PO、OGが細胞に命令を与え、各組織の代謝を整えます。

コラーゲン、ゼラチン、コラーゲンペプチドの違いの図
※PO=プロリルヒドロキシプロリン、OG=ヒドロキシプロリルグリシン
ゼラちゃん

つまり、コラーゲンペプチドの健康食品を摂らなくても、ゼラチンでできたゼリーをたくさん食べたらいいの?

もちろんそれでもかまわんぞぉ。
しかし、吸収量が異なるため、機能性は変わってくるんじゃ。

源治郎爺さま

やじるし

コラーゲンぺプチド摂取は、ゼラチン摂取よりも
血中のコラーゲンペプチドの濃度を2倍程度上昇させ、
また個人差も少なかった。

血液中PO濃度
血液中OG濃度

コラーゲンペプチド摂取,ゼラチン摂取

ニッタバイオラボ調べ

ゼラチンとコラーゲンペプチドを食べて比較したヒトの吸収実験では、どちらも有効成分のペプチド(PO・OG)を吸収できますが、ゼラチンよりもコラーゲンペプチドの方が血中移行するPO・OGの濃度が2倍程度高いという結果でした(上表)。また、ゼラチンの方が吸収量のバラつきが大きい(個人差が大きい)ということがわかりました。
健康や美容のために積極的に利用する場合には、ゼラチンよりもコラーゲンペプチドの方が効率が良いということが言えます。

文責:「食卓にコラーゲンを♪」推進委員会 運営事務局:小田義高
このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s