日本で一番コラーゲンのことがわかるサイトを目指します。
コラーゲン基礎知識

そうだったんだ!コラーゲン

コラーゲン講座

コラーゲンで酸化・糖化による老化の予防!

酸化と糖化による影響で、コラーゲンが劣化すると、細胞や組織が衰え、外見、運動器、カラダの中に様々な問題がでてきます。

「老化はいろんなところでトラブルを引き起こすんだね。」ゼラちゃん
酸化・糖化による細胞の組織の劣化を予防・改善するには

相乗効果で若々しいカラダに!

酸化と糖化を防ぐ:食事などの生活習慣の見直し + 細胞の活性化:コラーゲンペプチドの摂取による代謝の促進
酸化と糖化を防ぐ:食事などの生活習慣の見直し + 細胞の活性化:コラーゲンペプチドの摂取による代謝の促進
最近の研究では、
酸化への効果=コラーゲンペプチドを摂ることで吸収するOG、OGPなどのペプチドがビタミンEに匹敵する抗酸化機能を発揮する可能性がある。
糖化への効果=① 細胞にシグナルとして働きかける有効成分のペプチドPOとOGは糖化を受けにくく、問題なく細胞へ作用する。
② アミノ酸として高い割合で吸収されるグリシン、リジン、アルギニンは糖化されやすく、ダミー(身代り)として生体内で糖化を防ぐ可能性がある。

ということがわかってきておるぞ。

OG = ヒドロキシプロリン・グリシン
OGP = ヒドロキシプロリン・グリシン・プロリン
PO = プロリン・ヒドロキシプロリン
源治郎爺さま
文責:「食卓にコラーゲンを♪」推進委員会 運営事務局:小田義高
このページを共有する
ページの先頭へ
size-l
size-m
size-s