進化したコラーゲンペプチド BMペプチド

新田ゼラチン株式会社

evidence.4 肌

肌の水分量や弾力性を向上し、隠れシミを改善します。

年齢とともに、肌バランスは崩れ、うるおいや弾力性が失われていきます。「BMペプチド」は、ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促進して、肌の水分量や弾力性を向上させます。また、紫外線のダメージを受けてできた「隠れシミ」も改善します。

【実験1】 ヒト実験における肌の水分量、ハリ(弾力)への効果

肌水分量(頬)・肌弾力(目じり)
実験結果
女性25名をコラーゲンペプチド(以下、CPT)摂取群とプラセボ(デキストリンを使用)群に分けて、それぞれの群で、5gを水に溶かして、毎日8週間摂取してもらいました。
その結果、CPT群では、摂取4週、および、8週目に、肌水分量、弾力に関して、プラセボ群より有意に改善されました。

※「アミノ酸研究 , 6(2):169 (2012)」の内容を改変して転載しています。

【実験2】ヒト実験における隠れシミ面積への効果

コラーゲンペプチドを食べたグループの隠れシミ面積

2つのグループで8週間摂取後、隠れシミの分布を測定する機器で画像解析を行ったところ、コラーゲンペプチドを摂取したグループでは、そうでないグループよりも、隠れシミの改善が見られたという結果が得られた。

『アミノ酸研究Vol.3 No.1 2009年 P79~83 井上直樹(新田ゼラチン㈱)ほか』
日本アミノ酸学会より改変して転載

実験結果
肌荒れの悩みを持っている女性に対し、機能性ペプチドを8週間摂取後、隠れシミの分布を測定する機器で画像解析を行ったところ、隠れシミの改善が見られました。

※「コラーゲン完全バイブル」(真野博著、幻冬舎メディアコンサルティング)の内容を改変して転載しています。

美肌の作用まとめ

【実験3】 ヒト臨床実験における肌の創傷(褥瘡)への効果

PSSTスコア・傷面積

18歳〜70歳までの患者さん89名(男性41名、女性48名)を2つの群に分け、一方の群には、16週間、朝晩5gずつコラーゲンペプチドを、もう一方の群にはプラセボ(デキストリン)を食べてもらい、傷の面積等を比較した。なお、両群ともいつも行なっているケア(寝返りをうたせるなど)はそのまま続けている。
これによると、傷の大きさと進行をスコア化したもの(PSSTスコア)で比べると、「とても良い」と「かなり良い」の総数が、コラーゲンペプチドを食べた群の方が4分の3に達しているのに対し、そうでない群は2割に満たないという結果も得られた。また、16週間後の傷の面積は、コラーゲンペプチドを食べた群の方が、そうでない群よりも平均でおよそ1.0㎠小さくなったことが明らかになった。

「第13回 日本褥瘡学会 2011年 学術集会講演要旨集 P414 杉原富人(新田ゼラチン(株))」ほか

※「コラーゲン完全バイブル」(真野博著、幻冬舎メディアコンサルティング)の内容を改変して転載しています。

実験結果
床ずれ(褥瘡)患者さんに機能性ペプチドを16週間摂取してもらった結果、傷の大きさと進行をスコア化した指標、傷の面積測定値ともに改善がみられ、回復を促進しました。
このことから褥瘡ケアのアドオン治療として機能性ペプチドは有効と考えられます。
創傷修復作用のまとめ
PAGE TOP